青森県活性化ブログ

青森活性化ブログ

青森県活性化に貢献する内容を提供し、また皆様に学ばせてもらうブログを目指しています!

【デジタルツイン関連銘柄】成長性が高い分野だか既に高値圏の銘柄が多い?

「デジタルツイン」という言葉を聞いたことがありますか?

耳慣れない言葉ですが、 現実世界の情報をデジタル世界で完全にコピー、再現する技術です。デジタルツインはIoTと組み合わせることによりリアルタイムの高度シミュレーションを可能にし、自動運転、メンテナンス、製造現場など幅広い分野での応用が期待される技術です。

本記事ではこれらデジタルツインに関連する株式銘柄についてまとめています。

本記事は投資を推奨するものではありません。

あらかじめご了承ください。

 

 

関連銘柄

コード 銘柄名 配当利回り PER PBR ROA
ACN アクセンチュア - 40.89 16.3 17.23
ANSS アンシス - 69.9 9.3 11.14
PTC PTC - 113.22 10.33 4.32
2354 (株)YE DIGITAL 0.73% 30.52 4.25 4.13
3744 サイオス(株) 0.81% 35.66 4.07 0.6
3914 JIG−SAW(株) - - 54.5 20.29
3920 アイビーシー(株) - 30.95 3.92 -1.57
4770 図研エルミック(株) - - 4.12 -1.11
6662 (株)ユビテック 1.29% - 1.12 1.07

全体的に既に大きく値上がりしている銘柄が多い印象です。 

また一部ROAがマイナスを示しているものもあり、テーマ的な人気から買われ高PERを示している銘柄が一部ある可能性があります。

 

私見:既に値上がりしている銘柄が多い

デジタルツインはここ2~3年で注目度を上げてきた分野です。コロナ禍により世界の中央銀行が緩和政策を行っているためテクノロジー企業に緩和マネーが流れ込みやすい傾向が続いており、株価が割高圏で推移し続ける要因となっていると思われます。

上記に挙げた銘柄の中で特に私が注目しているのはアンシス:ANSSです。既に多くの企業に技術を提供している実績があり、財務状態も良好です。しかしPERが70倍近く割高感が意識されます。しかしテスラがPER1400倍近い値を維持していること、今後数年は緩和政策が続くことを考えれば株価上昇に賭けるという判断もあり得るとは思います。

仮にアンシスの値上がりに賭ける場合、資金の5~10%程にとどめるくらいが良いのではないかと思います。(他の90~95%は保守的に運用している前提の割合です。) 

 

参照サイト

ポートフォリオにIOTで注目の「デジタルツイン」成長株を (ZUU online) - LINE NEWS

デジタルツインとは|産業のイノベーションを推進するツール

【核融合発電関連銘柄】核融合発電方式と関連8銘柄を紹介!

温室効果ガスを排出しない発電方法として再生可能エネルギーが注目されています。また温室効果ガスを排出しないもう一つの発電方法として着目されるのが核融合発電です。

核融合はエネルギー変換効率が非常に高く、少量の原料で大量のエネルギーを得ることができます。この核融合を起こすためには超高温状態を保って原料をプラズマ化させる必要があり、そこには最先端技術が使用されます。本記事ではそんな核融合に必要な最先端を有する日本企業をご紹介したいと思います。

 

 

核融合発電は暴走しにくい

物質を構成している原子は通常原子核の周りを電子が集会しています。しかし原子を超高温に加熱することで電子が飛び出し、原子核単独で動き回るプラズマ状態になります。原子核単独の電荷は正で原子核同士は反発しますが、熱量が増すにつれて運動量が上昇、ついには電荷の反発を振り切って原子核同士が衝突する核融合を引き起こします。この時に莫大な熱エネルギーを発生し、これを発電に利用するのが核融合発電です。核分裂反応との違いとして制御のしやすさがあります。核分裂反応は反応が始まると反応が止められませんが、プラズマを維持できないと反応が停止します。このため不測の事態で融合炉の電力が停止した場合、反応も停止します。

 

二つの発電方式

核融合を引き起こすプラズマは数万~数億℃と言われており、このプラズマを閉じ込める素材は存在しません。そこでレーザー、磁場という力場を使用してプラズマを閉じ込める必要性があります。

 

レーザー核融合関連企業

レーザーを使用してプラズマを閉じ込める核融合炉です。アメリカが主導するNIF計画が有名。

コード 企業名
4026 神島化学工業
6965 浜松ホトニクス
7203 トヨタ自動車
7713 シグマ光機
7741 HOYA

 

 

トカマク型核融合関連企業

強力な磁場を使用してプラズマを閉じ込める核融合炉です。日本、EU、アメリカ、ロシア、中国、韓国、インドの7か国が進めるITERが有名です。アメリカはレーザー核融合技術を優先して進めるため一時ITERから離脱したことで大きく後れを取っており、計画は日本、EUが主導的している。

コード 企業名
7011 三菱重工業
7711 助川電気工業
9432 NTT

 

魅力的な銘柄は?

配当利回りから判断すると助川電気工業、シグマ光機、日本電信電話が3%越えを示しています。助川電気工業のPERは高いですが、シグマ光機、日本電信電話のPERは他銘柄に比べて低く投資しやすいと思われます。

PERから浜松ホトニクスとHOYAは割高ですがROAが高く、また事業も参入障壁が高い分野に進出しているため、株価が調整する局面があれば積極的に拾っていきたい銘柄です。

コード 企業名 配当利回り PER PBR ROA
4026 神島化学工業(株) 1.63% 16.54 1.8 3.1
6965 浜松ホトニクス(株) 0.65% 57.26 4.47 6.22
7011 三菱重工業(株) 2.28% 55.23 0.97 1.72
7203 トヨタ自動車(株) - 15.62 1.06 3.97
7711 助川電気工業(株) 3.76% 62.43 1.11 -0.21
7713 シグマ光機(株) 3.35% 16.59 0.63 3.73
7741 HOYA(株) - - 7.77 14.53
9432 日本電信電話(株) 3.55% 12.16 1.08 3.78

2021/1/9時点

 

関連記事

www.learningaomori.com

www.learningaomori.com

 

参照サイト

NTT、ITER機構とITER計画に関する包括連携協定を締結 :日本経済新聞

技術力と可能性【神島化学工業株式会社(こうのしま)】

エネルギー | 浜松ホトニクス

阪大・浜ホト・トヨタが挑む「夢の発電設備」 レーザー核融合: 日本経済新聞

ITER - Wikipedia

国立点火施設 - Wikipedia

 

【青森でも株式投資を学べる】投資初心者がやってはいけない投資方法3選、一極集中、デイトレード、レバレッジ

政府の「貯蓄から投資へ」という宣伝や日経平均の値上がりで投資に興味を持つ人が増えています。投資は経済の勉強やリスク管理方法を学ぶ方法として資本主義社会を生きる私達には必須の教養となりつつあります。

しかし、投資を進める商品の中には悪質・低品質なものも少なくありません。今回はそんな危ない投資方法を3つご紹介させて頂きます。

本記事は投資を進めるものではありません。

予めご了承ください。

 

 

一極集中投資

手持ちの資金を一つの商品に全てつぎ込む投資方法です。

一見効率が良いように見える方法ですが非常に危険です。何故ならば投資はリスクとリターンのバランスが大切だからです。良い投資とはリターンを高め、リスクを減らす投資です。これは複数の商品を組み合わせることで実現できます。逆に一極集中投資はリスクもリターンも最大化する方法です。手持ち資金を10倍にしたいと願って一極集中投資をする場合は手持ち資金が1/10になることも同等の確率があります。

↓リスク、リターンを考える概念として「シャープレシオ」というものがあります。

 参考までに。

シャープ・レシオ│初めてでもわかりやすい用語集│SMBC日興証券

デイトレード

投資を進める情報にデイトレードを進めるものが多いです。

デイトレードの宣伝として「持ち越しリスクが無いこと」、「資金効率が良いこと」、「初心者でも始めやすいこと」があります。

持ち越しリスクが無いことは逆に言えば持ち越しの利益を逃しているとも言えますし、資金効率がいいことはリスクが高いということが言えます。またデイトレードはマイナスサムゲームになる可能性が非常に高いです。デイトレードは初心者が行う様なものでは無く、専業トレーダーや株式アリゴリズムが多く存在するフィールドです。このため初心者の方が勝てる確率は低いと思われます。

↓マイナスサムゲームについては下記の記事で書いています。

【青森でも株式投資を学べる】デイトレードはマイナスサムゲーム - 青森活性化ブログ

 

レバレッジ取引

レバレッジ取引は手持ち資金の数倍~数十倍の金額を投資できる取引です。これもデイトレードで出てきた「資金効率」がいい手法に映ります。しかし、レバレッジをかけた分だけ価格の変動が大きくなる、つまりリターンもリスクも増大することを示します。そして一番恐ろしいのが強制決済です。これはレバレッジ取引で生じた損益が一定金額以上になった場合、強制的にポジションを解消させられることです。想像以上の値動きが市場に生じた場合、一瞬にして損益が確定する可能性があります。

 

 

関連記事

www.learningaomori.com

 

www.learningaomori.com

 

 

【クラウドファンディング】島根大学物質科学科の取り組み、弘前大学、他の地方大学にも広まって欲しい

青森県、地方を元気にしたい。

その中で個人に何かできることが無いかという観点で趣味の投資やクラウドファンディングについて調べていると面白い取り組みを見つけました。

島根大学物質科学科がクラウドファンディングで研究費を募っていました。しかも、プロジェクトは成立しています。この様な取り組みを何故大切と思うのか、書いていきたいと思います。

 

 

島根大学のクラウドファンディング

どの様なプロジェクトなのか、以下にリンクを貼っておきます。

詳細はリンク先にあるので、簡単に目的を書くと「地域の知の拠点」となるための資金を募るためのクラウドファンディングです。

readyfor.jp

 

クラウドファンディングが何故大切なのか?

理由①、地方に投資する貴重な手段

私が青森県に投資を行うと考え県内拠点を持つ上場企業を調べたことがあります。結果青森県に拠点がある上場企業は4社しかありません。これは多くの人にとって選択肢が少ないと言わざるを得ません。またどちらかというと伝統的な業種が多く地方にイノベーションをもたらすような可能性を感じさせる企業は少ないというのが実情です。

クラウドファンディングは地方を対象とした投資に新たな選択肢を与えるという意味で大切だと思いました。

 

理由②、手軽に行える

株式投資は一番少ない単位株でも10万円程の資金が必要です。一方クラウドファンディングは安いものだと3000円程で行うことができます。このハードルの低さは大切だと思います。クラウドファンディングは大きな額の寄付に加えて、小さな沢山の寄付が大切です。小さな寄付を行った人が多ければそのプロジェクトには熱狂が生まれ、寄付者には参加者意識が生まれます。それは地方活性化に結び付く大きな力になる可能性を秘めていると思います。

 

理由③、地方に産業を創出する⇒生産性を上げる⇒人口減対策

日本の地方は人口に苦しんでいます。その要因の一つに産業構造に由来した生産性の低さ、低賃があります。クラウドファンディングを通じて新しい産業を育成し、生産性を挙げることで地元でも働ける環境を創出し人口減を食い止めることができます。また魅力的な産業を育成すれば外部からも優秀な人材を会得する事ができ、更に生産性が向上する良い循環を作り出せる可能性もあります。

↓下記の記事で雇用・生産性と人口問題について書いています。

青森県の雇用と人口、生産性の低さが問題なのでは - 青森活性化ブログ

 

弘前大学の事例

弘前大学も2020年にクラウドファンディングを行っています。

クラウドファンディングの内容はバイトが無くなり困窮する学生に安くて健康的な夕食を提供するという内容です。

素晴らしい活動だと思います。ただし、このプロジェクトはコロナ禍の一時的なプロジェクトであり、将来性が見えにくいという問題があると思います。

www.hirosaki-u.ac.jp

 

私見:弘前大学に新しい産業に結び付く、熱狂をマネジメントして欲しい

弘前大学も島根大学の様に「地域の知の拠点」となるためのクラウドファンディングを実施して欲しいと思います。島根大学のプロジェクトが成立していることからも需要はあると思います。

資金を募り、弘前大学の研究を充実させ学生のレベルアップを図ります。研究内容は地元企業にノウハウとして還元し産業を育成します。大学のレベルが上がり、企業活動が活発になれば内部の人は地元で活躍でき、外部からも優秀な人材を集めることができます。

完全な青写真ですが、その様な未来像を掲げて地方を元気にする熱狂をマネジメントする人材、組織が求められている気がします。そして地方大学、青森県では弘前大学がその地位を担える位置にいると思っています。

 

クラウドファンディングの理解を深める

中田敦彦のYouTube大学 - NAKATA UNIVERSITY

中田敦彦さんのYoutube動画です。

クラウドファンディングについて約1時間の動画で学ぶことができます。


【クラウドファンディング①】初心者でも成功できる鉄則(Crowdfunding)

 

成功するクラウドファンディング

上記の中田さんの動画で紹介されていた書籍です。

 関連記事

www.learningaomori.com

 

【青森でも株式投資を学べる】豊かな老後を送るために覚えておきたい3つの投資知識

定年を迎え初めて資産運用を考え始める方も多いと思います。

しかし、金融機関やサービス業者はこの様な初めて資産運用を行う方に対して、相場以上の費用を取ったり、老後資産に許容される以上のリスクを取らせたりすることがあります。本記事では老後資金の性格と抑えるべき3つの投資知識をご紹介し、あなたが資産運用で失敗しないための一つの意見としてお読みいただければ幸いです。

 

 

老後資金の性格

老後資金は運用期間が20~40年ほどで資金を増やすよりは減らさないための投資という性格が強いと思います。何故ならば若い世代に比べて運用期間が短くなり、大きな損失を出した場合にカバーすることができないからです。そのためリスクを可能な限り下げた運用をするのが一般的です。

アセットクラスでは株式よりも債権、現金預金の割合を多めにしたものが一般的です。株式の割合は多い場合でも40%程に留まるようにデザインしましょう。

 

覚えておきたい3つの投資知識

①デイトレードはマイナスサムゲーム

投資には投資期間によっていくつかの分類が存在します。

簡単に書くと一日の中でポジションを建て解消するデイトレード、数日~数か月で取引をするスイングトレード、数年単位で投資をする長期投資です。

この中でデイトレードはリスク、ランダム性が高い取引手法に分類されます。そのランダム性のため短期的には大きな利益を上げる可能性がありますが、中長期的にはマイナスになる可能性が高いと言われています。また常に相場に注意する必要があり、精神的、時間的負荷の大きな取引方法だと言えます。

つまり老後資金の性格上、デイトレードを行うことは論外だと言えます。

↓マイナスサムゲームの定義については下記の記事でまとめてます。

【青森でも株式投資を学べる】デイトレードはマイナスサムゲーム - 青森活性化ブログ

 

②手数料を最低限に

投資商品の中には購入時手数料、管理手数料が発生するものがあります。しかし、インターネット証券の登場もあり、購入手数料は無料、管理手数料も0.2%台の商品も多く開発されています。

またインターネットの普及により多くの知識に無料でアクセスすることができるようになりました。投資の知識もその例に漏れません。無料で多くの有用な情報を提供してくれるサイトが数多くあります。一方で投資に関する情報を提供するサービスとして塾や顧問が昔から存在しています。これらのサービスを受けるために月額で費用が掛かることがあります。これらもある種大きな手数料と見なすことができます。

大切な老後資金を守るためにも必要な情報は自身で調べ、手数料を最小限にした資産運用を目指すのが理想的です。

 

③分散投資とアセットクラス

投資というと株式を思い浮かべる方が多いと思いますが、債権、コモディティも投資商品に分類されます。また不動産、現金預金もアセットクラスに分類されます。投資はこのアセットクラスを自身のリスク許容度に合わせてデザインすることを指します。

冒頭で述べたように老後資金の性格は「増やす」より「減らさない」に重点を置くべきです。何故ならば若い世代に比べて運用期間が短くなり、大きな損失を出した場合にカバーすることができないからです。

なのできちんとアセットクラスを意識した分散投資を行い、老後資金運用に見合ったリスク許容度で運用を目指してください。

 

関連記事

www.learningaomori.com

 

www.learningaomori.com

 

 

参考サイト

ライフプランと老後資金準備(4)ポートフォリオ作成 [年金] All About

【青森でも株式投資を学べる】貯金だけは危険な一極集中投資、投資はリスク分散の手段

「貯金は安全、投資は危険」あなたはそう思っていませんか?

実は「貯金」はアセットクラスの種類の一つで「投資」は行為です。そのため「貯金は安全、投資は危険」という言葉は誤解を招いていると思われます。

投資に不慣れな方には耳慣れない言葉が沢山出てきたと思うので順を追って説明していきます。

 

 

 

アセットクラスについて

f:id:virtue000000:20210109104639p:plain

図、アセットクラスと投資の関係

株式、債券、不動産、コモディティ、現金預金からなる資産分類をアセットクラスと言います。投資は自身の資産をどのアセットクラスに割り振るのか考える作業だと言えます。

すなわち「貯金」はアセットクラスを表す言葉で「投資」はアセットクラスを動かす行為です。なので「貯金は安全、投資は危険」は日本語的におかしいと言えます。なので日本語的には「貯金は安全、株式は危険」、「債権は安全、コモディティは危険」などが正しい使い方です。しかし、特定のアセットクラスが安全、危険ということは無いと思います。それを次の章で解説していきます。

 

貯金一択は集中投資?

貯金は安全、投資は危険という印象を持たれている方がいると思います。これは貯金は相場の変動を受けませんが、投資は相場により大きく変動するというイメージがあるからです。

しかし、貯金は大きな目線で見ると変動しています。それは日本人の多くの預金は円建てで行われているからです。単純な話、円が高くなれば海外の他通貨を持っている人からは資産が増えた様に感じます。例えば1ドル100円の時ドル換算で1万ドルですが、1ドル50円の時はドル換算で2万ドルになります。

為替レート($/¥) 預金(¥) ドル換算($)
100 1000000 10000
50 1000000 20000

またインフレになり、通貨に対し物価が上がると貯金の価値は減少します。

例えばですがりんごの価格1個100円の時、1000円で10個買えますが、りんごの価格が1個200円になると5個しか買えません。これは貯金の価値が減少したと言えます。

りんごの価格(個/¥) 預金(¥) 購入できるりんご(個)
100 1000 10
200 1000 5

つまり貯金も減りうる資産なのです。日本においてそれが意識されずらいのは、デフレ環境が約30年継続し、物価が上昇していないためです。仮に今後インフレが進行した場合、貯金しか行ってない人は資産価値が目減りしてしまう危険性があります。

 

投資はリスク分散の手段

インフレが進行した場合、貯金が減少してしまいます。では対策はどうするべきでしょうか。それは物価と連動して上昇する株式やコモディティにアセットクラスを割り振っておくことです。こうすることでインフレで物価が上昇した場合、株式やコモディティも同様に上昇するため資産価値の減少を緩和してくれます。

だからと言って全てを株式やコモディティに投資すると相場の変動やデフレ時に大きく資産を減らすリスクが高まります。そのため時代に合わせて全てのアセットクラスのバランスを調整することが必要になります。

つまり投資という行為は自身の資産を各アセットクラスを割り振り、リスク分散させる手段だと言えます。

 

関連記事

www.learningaomori.com

 

www.learningaomori.com

 

【青森でも株式投資を学べる】株式投資塾、株式投資顧問サービスは情報弱者サービス、ダメ絶対!

政府が「貯蓄から投資へ」ということを促し、日経平均も1990年台のバブル期の水準を回復しつつある今投資への関心が高まっています。これに伴い投資を学ぶ人が増えていますがその手法の一つとして株式投資塾や株式顧問といったサービスが増えています。

しかし、インターネットが普及した今投資は無料で学べる時代になっています。

あなたにとって投資に関する有料サービスが利用するに値するかを判断するため、本記事がその一助になれば幸いです。

 

 

サービスの対象者は初心者、知識が少ない人

投資塾、投資顧問サービスのターゲット客層は株式投資に関して初心者や知識が少ない人です。株式投資経験が少ないということはこれらの知識にかかる費用の相場についての知識が少ないとも言えます。ここを突いて月額1,000円、高いサービスでは月額10,000円以上の費用を取っているサービスがあります。

仮にあなたの手持ち資金に対しこれらのサービスにかかる費用が0.01~0.05%ほどでしたらサービスの利用が許容されると思います。しかし例えば手持ち資金100万円の方が月額10,000円のサービスを利用した場合、年間でかかる費用は手持ち金の12%になります。これを回収するには年率12%以上のリターンが必要になります。

これまでの歴史の中で最もリターンの高かった米国株の過去50年の平均投資利回りは6~7%程度だと言われていますのでこの12%という数値がいかに高いか分かります。つまり投資を始める前に無料で情報を探し、自主的に学ぶこと自体が大きな投資リターンになります。

なので投資に興味がある初心者、知識が少ない人、手持ち資金が少ない人は決して投資塾、投資顧問サービスを利用するのは誤りだと言えます。

 

基本的な投資知識は無料

投資経験が無い人は投資情報をどこで手に入れるのか、その費用がどのくらいかかるのか分からない事が多いと思います。

結論を述べると手に入れる場所はインターネット、費用は無料です。

あとはあなたの調べる気持ちそれがあれば必要なものは全て揃っています。

(ネットにある無料サイトについてまとめています。参考までにどうぞ)

【青森でも株式投資を学べる】教材は基本タダ!ネットにある優良サイトを紹介 - 青森活性化ブログ

 

有料サービスを使うのは無料のサイトを使いこなしてからでも遅くない

投資に興味がある初心者の方はまずは無料サイトを使い倒してください。そして誰の意思でもないあなたの意思で投資をしてみて下さい。(初めての投資の際は投資金額の5~10%程で投資に慣れる感覚で行うのがおすすめです。)

投資を続けていれば商品の手数料といった相場感が少しずつ身についてくると思います。そして無料サイトで足りないと感じる点が出てくるかもしれません。その時に初めて足りない点を有料サービスで補うという形を取った方が効率的かつ自身が納得できると思います。

 

私見:自身で考え、行動し、学ぶ大切さ

個人的な話ですが私は大学時代に初めてアルバイトをして貯めたお金を投資の勉強を兼ねて少額投資したのが始まりでした。自分で考えて集中投資や短期投資いろいろと試し、損益を出して失敗もしました。しかし、自分で考えた行動ゆえの失敗だったため失敗を自分の糧にできたと感じています。なので積極的に失敗しろとは言いませんが、自身で考えることは何より大切だと思います。

また株式投資はあなたが頑張って仕事をして稼いだ大切なお金を扱う行為です。そのお金の使い道を最初から誰かに委ねるのではなく、あなた自身の意思で決められるように学ぶことは大切なことだと私は思います。

 

関連記事

www.learningaomori.com

 

www.learningaomori.com