青森県活性化ブログ

青森活性化ブログ

青森県活性化に貢献する内容を提供し、また皆様に学ばせてもらうブログを目指しています!

青森県が最強!ランチェスター戦略的観点から見る強者分野

青森県の強者分野というと何が思いつきますか?

りんご、にんにく、あと農業全体が何となく盛んなのではというイメージです。

そこで本記事ではランチェスター戦略的観点から青森県が持つ強者分野をご紹介します!

 

 

本記事の強者の定義

まず最初に強者とは何かを定義したいと思います。

本記事ではランチェスター戦略で定義される強者の定義「市場シェア26.1%以上かつ2位と2倍以上の差をつけている1位」を採用します。

 

では、見ていきましょう!


りんごの収穫量 [ 第一位 青森県、シェア 58.4% ]

言わずと知れた青森の代名詞、りんご。

その2019年度のシェアは58.4%!2位長野県のシェア18.2%に3倍の差をつけています。


にんにくの収穫量 [ 第一位 青森県 、シェア 70%]

にんにくの生産も有名です。

そしてその数字を見ると2017年度のシェアは驚異の70%!!2位香川県が4%なので17.5倍の差です。データでみるとニンニクはりんご以上に強い競争力を持っていることが分かりました。


ごぼうの収穫量 [ 第一位 青森県 、シェア 37%]

けの汁など青森の郷土料理に欠かせないごぼうも高い競争力を誇ります。

2018年度のシェアは37%。2位茨城県の11%に対して3倍の値です。

 

しらうおの漁獲量 [ 第一位 青森県 、シェア69.4%]

しらうおは日本では高級食材として扱われています。

そのシェアは69.4%。2位茨城県は27.4%となっており、その差は2.5倍です。

このシェアを更に高めて不動の位置を狙える位置にいます。

 

競争力を保つための「ミート戦略」

圧倒的強者がいる市場において弱者は「差異化」によってシェア拡大を計ります。

例えばりんごもそのまま売るのではなく、有名飲料メーカーとコラボレーションを行いブランド戦略を取ったり、珍しい品種を栽培したりします。

強者はこれに対応するためにこの様な「差異化」を真似る必要があります。

例えば三ツ矢サイダーが長野スイートとコラボレーションしてきたら、青森りんごもコラボレーションして差異化させないという感じです。

 

相手の差異化を真似ることで質ではなくシェアの戦いに引きずり込み、優位に立ち続けることができます。

 

まとめ

ランチェスター戦略的観点からみた青森県の強者分野、如何だったでしょうか?

青森県はりんご、にんにく、ごぼう、しらうおと農業分野において全国で戦える武器を持っています。

今後とも2位以下に圧倒的な差をつけて市場のリーダーとして活躍を期待したいですね!

 

【ふらいんぐうぃっちキャラクター】大熊灯花

 

基本情報

性別 女性
職業 テレビキャスター
趣味 温泉、怪奇現象の取材


概要

大熊灯花ふらいんぐうぃっちに登場するRBAのテレビキャスター。

第32話で夏の運び屋が引き起こした真夏の雪のミステリーを取材する大熊らしきテレビキャスターが初登場。

第42話で迷子になる商店街(ナルナルが原因だった事件)をリポートしている大熊が登場し、名前も明らかになる。この時に「雪の時にも思ったけど」という発言をしていることから第32話の人物と同一人物ということが分かった。

 


作中での活躍

第42話

大熊はあたご温泉で真琴とアキラが迷子になる商店街の話を聞き取材を申し込むが、「脱兎ルール」が効力を発揮し。。。

 

第49話

あたご温泉での一件以来、ミステリー現象に興味を持った大熊は占い師の犬養の家に個人的に取材に行く。犬養のおい、りゅうくんがうっかり魔女の秘密を洩らしそうなるが。。。



関連人物

木幡真琴

アキラ

犬養トワ

鴨川

夏の運び屋

【ふらいんぐうぃっちキャラクター】鹿角小夜

 

基本情報

性別 女性
職業 学生
苦手な物
属性

 


概要

鹿角小夜はふらいんぐうぃっちに登場する魔女。

真琴達の通う高校の生徒であり、学年は真琴の一つ上。

真面目な性格で真琴との初対面の時は魔女としての自覚についてきっちりと指導していた。一方でメールでは絵文字を沢山しようしたり、褒められると照れが表情に出やすい面も持っている。

また世話焼きな一面もあり、ここのつ判定に付き合ってくれたり、魔女に関する有益な情報を提供してくれる。

鹿角のここのつは風(ウィントス)であり、作中でも何度か風魔法を使用している。


使用した魔法

飛行魔法

作中では箒を媒体にする魔女が多いが、鹿角は杖を使用する。

杖の家系との発言もあり、鹿角の一族が杖で飛行すると思われる。

 

疾風

発生させた風を強化する魔法。

手で仰いだ程度の風も髪が逆立つほどの強風にすることができる。

 

対象物の周りに風を発生させる魔法

ナルナルの捕獲の際に使用した。

発動時に空間を歪ませているような描写があることから、空間に歪みを作り出し、狙った座標に風を発生させていると思われる。

またかなり腕力を必要とする魔法と思われ、鹿角も発動時に力を入れている描写があった。


作中での活躍

ナルナルの捕獲(36話

アキラから真琴と二人で受けた魔女の仕事。

原因の特定から捕獲方法まで的確な判断で真琴を導いていた。

しかし、虫やミミズが苦手なので、ナルナルの好物であると知りながらミミズを使用した捕獲方法を隠していた。

 

倉本家での勉強会(40話

倉本家で真琴、圭、なおと勉強会をした。

真琴の作っている畑を見て素直に関心していた。

 

ここのつ診断(44話

真琴のここのつを判定するために下北半島に住む江丹雲のところへ引率してくれた。

 

後輩から大人気(50、51話)

後輩達から才色兼備なことで知られており、かつ人気が高いことが判明した。

本人は褒められると嬉しいのか照れていた。



関連人物

木幡真琴

アキラ

倉本圭

倉本千夏

石渡なお

【ふらいんぐうぃっちキャラクター】ひな

 

基本情報

性別 女性
年齢 -
誕生日 6月24日
血液型 A型
身長(cm) 164
趣味 ケーキ作り
好きなもの 店長、杏子、白米

 

概要

ひなふらいんぐうぃっちに登場する幽霊。

喫茶コンクルシオの店員として働いており、喫茶店で出すケーキなどのお菓子を作っている。

生まれは明治39年(西暦1906年)ということもあり、着物を着ている。

生前は看護師をしていたらしいが、看病していた患者さんから流行病が移り亡くなってしまった。

非常に恥ずかしがり屋であり、普段は姿を消して筆談で接客を行っている。


作中での活躍

第13話

喫茶コンクルシオを訪れた真琴達を接客してくれた。

姿を消していたが真琴の幽霊可視化の魔法陣によって姿が見えるようになってしまい、恥ずかしい思いをすることになった。

 

第26話

雨師のよもぎくんと遊んでいてびしょ濡れになっていた。

 

第31話

千夏の魔法記念日にホタテを差し入れてくれた。

 

第54話

禅林街に喫茶コンクルシオに来れないお客さんに向けておにぎりの差し入れをした。


関連人物

椎名杏子

木幡真琴

倉本千夏

岡田

 

【ふらいんぐうぃっちキャラクター】アキラ

 

基本情報

性別 女性
職業 魔女


概要

アキラはふらいんぐうぃっちに登場する木幡真琴、犬養トワの指導担当である協会所属の魔女。

ショートボブでライダースジャケットを身にまとう大人な雰囲気を出している。

性格は気さくで真琴や千夏とも朗らかに話している。また整理整頓が苦手なようで良く手持ちのカバンの中をひっくり返して探し物をしている。


使用した魔法

飛行魔法

ふらいんぐうぃっちの中では箒を媒体に飛行する魔女が多いが、アキラはバイクを使用して飛行している。

 

身体強化魔法

両腕に模様が浮き出て一時的に怪力を発揮できる魔法。

この魔法を使用した場所は山風森橋(やまかぜもりばし)との描写がある。

アキラは怪力で信仰の対象となっていた岩を元の場所に戻し、山の精霊の様な存在と話をしていました。

津軽地方には鬼伝説があり、山風森神社もその一つです。この山の精霊はそんな鬼伝承からインスピレーションを得たキャラクターの可能性がある。

鬼伝説については下のリンクの「ゆきと支配人のブログ」に大変分かりやすくまとまっていましたのでリンクを張らせて頂きます。

yukitomanager.blog.jp

 


作中での活躍

第22話

アキラは真琴が横浜から出て初めての魔女面談を行う。

アキラは真琴の「遊んでいただけだったような気がする」という心配に対し、「楽しい人生が魔女を育てるからそれでいいと思う」っとコメントしている。

 

第29話

雨師のよもぎのお世話をした報酬を真琴に渡しに悪戸アイスクリーム屋で落ち合った。

アキラは報酬の代価として真琴に渡す可視化軟膏を探すためカバンをひっくり返していた。

 

第35話

アキラは真琴に魔女協会の仕事を持ってくる。

この仕事でアキラは真琴と鹿角先輩を組ませている。

 

第42話

アキラは真琴とあたご温泉に遊びに行きていた。

そこで魔女の秘密が漏れない「脱兎ルール」について、実践的な講義があった。


関連人物

木幡真琴

倉本千夏

犬養トワ

【ふらいんぐうぃっち 分析・考察・wiki】魔具

 

概要

魔具は魔法を引き起こす道具である。

類義語として魔法道具、マジックアイテムなどがあるが、本記事では魔具で統一する。

魔具は大きく分けて使用者の素養に関係なく使えるタイプと使用者の持つ魔力を介して使用できるタイプの2種類があると思われる。

 

ふらいんぐうぃっちの魔具

ふらいんぐうぃっちの作中でも様々な魔具が登場する。

ほうき以外は使用者の素養に関係なく使えるタイプの魔具であると思われる。

 

魔具①、ほうき

空を飛行するために使用する道具。ほうき自体に浮力があるわけではなく、あくまで媒体として重力を切り払って飛行に用いる。また箒に限定されず、作中では色々な形状のものが重力を切り払う媒体として利用されている。

道具名 使用者
ほうき 真琴、茜、犬養、杏子
バイク アキラ
小夜
コーンバー 真琴

 

魔具②、可視化軟膏

まぶたに塗ることで身近なものに擬態している魔法生物を視認できるようになる。

 

魔具③、オルゴール

オルゴールの音が鳴っている間は一定の範囲にしか声が聞こえなくなる魔具。公衆の場で魔女に関する話をする時などに使用される。

 

魔具④、浜辺兎のマナが宿った指輪

原作30話で浜辺兎の歯に含まれるマナを玩具の指輪に宿して作られた魔具。

指を銃の形にすると水を射出することができる。

 

魔具⑤、捕獲用ネット

ナルナルを捕獲する際に小夜が使用。普段は蜘蛛の巣柄の瓶に液体として入っているが、液体を用いてネットの絵を描くとネットとして固体になる。

 

魔具⑥、三界銭

三枚のコインを同時に落とし、その落ち方でここのつを判定する魔具。作中では江丹雲が真琴のここのつを判別するために作製した。

 

関連書籍

漫画作品やゲーム作品の中でキャラクター達が用いる魅力的な魔道具が多々登場しており、近年ではこれらをまとめた「魔道具辞典」という書籍も登場している。

 

 

【ふらいんぐうぃっち 分析・考察・wiki】雨師(うし)

 

概要

雨師は古代中国において雨を司る神として信仰されていた。

紀元前3~4世紀頃に成立したと思われる山海経には雨師として屛翳(へいえい)、玄冥といった名前が出てきている。

また竜も古代中国では雨神として信仰の対象となっており雨師と同様の立ち位置にいたと考えられる。


ふらいんぐうぃっちでの雨師

漫画26話で「ミヅハ」と「よもぎ」という雨師の親子が登場しました。

ミヅハは仕事のため真琴によもぎを預けますが、母親がなかなか帰ってこない事に不安を覚えたよもぎが建物の中で雨を降らしてしまいます。

ここからは私の考察です。

恐らく彼らは春の運び屋や夏の運び屋と同じく季節、今回の場合は「梅雨」を運んできたものと思われます。

また夏の運び屋の真の姿が「竜」に似た姿のことから、彼らにも真の姿があり、古代中国において雨神が竜であったことから竜の可能性があるのではないかと思われます。

 

関連記事

www.learningaomori.com