青森県活性化ブログ

青森活性化ブログ

青森県活性化に貢献する内容を提供し、また皆様に学ばせてもらうブログを目指しています!

政治

助川電機:原子力、核融合関連技術を中心に分析

助川電機は研究開発型の精密機器メーカーで原子力発電、核融合、ニュートリノ振動、ナトリウム関連製品、半導体製造装置など幅広い事業を手掛けています。 本記事では原子力発電、核融合にフォーカスして見ていきたいと思います。 沿革 原子力関係の商材 最…

【衝撃】核のゴミを知ってますか? Youtubeメディア情報を検証してみました。

原子力発電環境整備機構(以下NUMO)のyoutubeチャンネル動画「核のゴミ処分 マジ討論 ~20代の私たちが考えたこと~」によると2016年渋谷の10~20代の男女18人に聞き込みをしたところ15人が知らないという調査結果でした。 核のゴミ処分 マジ討…

六ケ所村村長、戸田衛氏と六ケ所村議員、高田翔氏の関係性

青森県六ケ所村は核燃料サイクル施設を抱え、国からの電源三法交付金が支給されています。 歴代村長は主に原発推進派であり、2021年時点現職の戸田衛氏も推進派です。 そして六ケ所村議会には戸田氏の孫に当たる高田翔氏がいることから、関係性を整理し…

もしも日本の電力を全てLNGで賄ったら? 必要LNG量を試算してみた

2021年時点で日本の電力は火力発電に大きく依存しているという報道を良く耳にすることがあります。 しかし、具体的に全体に占める火力発電の割合がどれくらいであるか答えられる人は少数派だと思います。 そこで今回は火力発電、特にLNGに着目して、全体…

【記事アーカイブ】六ケ所村長が首つり自殺 現金授受疑惑で2日間聴取

六ケ所村長が首つり自殺 現金授受疑惑で2日間聴取 私見 関連記事 六ケ所村長が首つり自殺 現金授受疑惑で2日間聴取 18日午前9時ごろ、青森県六ケ所村平沼追館の林で、橋本寿村長(54)が首をつって死亡しているのが見つかった。自殺とみられる。 橋本…

核エネルギーと商業利用 21世紀の核開発はどうあるべきか?

第二次世界大戦において広島、長崎で人類で初めて使用された核兵器は一瞬にして多くの命を奪い、そして放射能による後遺症を残しました。核エネルギーが兵器として利用されることは二度とあってはならないことです。 一方で核エネルギーは物理的に考えられる…

「核は絶対悪」という考えが危険、今こそ核エネルギーの理解と管理が必要とされているのでは?

ある新聞の記事に「核は絶対悪」という表現がありました。 「絶対悪」とは誰にとっても悪であるという意味です。 しかし、善悪という概念は人間が生み出したものです。故に「絶対悪」という表現は対象者を攻撃するプロパガンダとして使用されるのが常なので…

【洋上風力発電】北海道・東北地方に適地集中

欧州は2050年に関する野心的なCO2排出削減目標を宣言、アメリカもバイデン政権が誕生が見込まれ、グリーンエネルギー投資が加速しそうです。また菅首相も所信表明演説で国内の温室効果ガス排出を2050年までに実質ゼロにする目標を表明しました。 これにより…

【アイデア】青森県の労働生産性改善のために、①高度人材の育成:大学を改革せよ!

青森県は人口の転出超過が約40年継続しています。 この遠因として労働生産性の低さが挙げられます。労働生産性が低い為、賃金が低くなり、高い賃金を求めて人口が都市部に流出するということです。 では、労働生産性を改善するにはどうすれば良いのでしょう…

【政治と金】津軽選挙

津軽選挙は青森県津軽地域で見られる金権政治を揶揄した言葉です。 本記事では、津軽選挙について具体的な事例、政治家の人物相関図を使用して解説していきます。 津軽選挙の背景 戦前からの金権政治の予兆 市町村合併によるポスト減少 空港移転に関わる問題…

【国会データ】平成29年11月~令和2年6月 木村次郎議員が参加した国会会議まとめ

本記事の国会議員発現内容は国会会議議事録検索システムから引用しています。 木村次郎議員が参加した国会会議まとめ 参照サイト おすすめ記事 木村次郎議員が参加した国会会議まとめ 国会回次 院名 種別 会議名 号数 開会日付 201 衆 会議録 総務委員会 19…

パチンコチェーンストア協会とは? 青森県国会議員、木村次郎議員も所属

本記事は特定団体を誹謗中傷する目的で記載はしていません。 あくまで本ブログ筆者の個人的な考えです。 予めご了承の上お読みください。 パチンコ・チェーンストア協会(PCSA)とは? チェーンストア宗教?少し危険な雰囲気を醸し出している。 政策分野アド…

木村次郎衆議院議員の国会質問まとめ

本記事の国会議員発現内容は国会会議議事録検索システムから引用しています。 木村次郎議員の質問まとめ 第195回国会 衆議院 農林水産委員会 第2号 平成29年11月29日 第196回国会 衆議院 総務委員会 第4号 平成30年2月28日 第196回国会 衆議院 農林水産委員…

青森県の政治家① 木村次郎

木村次郎は青森3区から当選した衆議院議員です(2020年7月時点)。 2017年、同じく議員であった兄木村太郎の病死に伴い地盤を継いでの出馬となっています。祖父・木村文男は衆議院議員、父・木村守男は青森県知事、衆議院議員を務めました。 木村次郎の前…

原子力燃料政策研究会とは? 青森県出身議員が多く所属

基本情報 研究会の目的 所属議員、会員 過去の会員 原子力燃料政策研究会の経常収益、経常費用 参照サイト おすすめ記事 基本情報 設立:1993年2月25日 所在地:〒102-0083 東京都千代田区麹町4丁目3番地4 宮ビル8階 TEL:03-3239-2091 研究会の目的 公…

【弘前版DMO】運営に当たり市民がチェックしたい項目

こんにちは、TAKAです。 令和元年の弘前市議会の討論を見て知らない言葉、多くの政策の存在を知りました。 自身の勉強も含めて疑問に思った点を一つずつ記事にまとめていきたいと思います。 その初回で選んだのがDMOです。 DMOは地域の観光資源をプロモーシ…

青森県の核産業について考える 東通原発と大間原発

初めに 本記事は原子力産業についても賛成も反対もしない、中立の立場です。 予めご了承ください。 青森県には建設中の原子力発電所を含めると東通原子力発電所と大間原子力発電所があります。それぞれにどんな特徴、位置づけがあるのか見ていきたいと思いま…

青森県の歴史 クリスタルバレー構想

初めに 前回青森県において高度経済成長期に画策された「むつ小笠原開発計画」について書きました。結果はオイルショックの煽りを受けて計画はとん挫し、広大な工業用地だけが残り、そこに原子力産業が進出してきたというものです。 この工業用地活用に関し…

青森県の歴史 むつ小笠原開発計画

初めに 以前の青森県の製造業についてのデータをまとめた際に上位の市町村が八戸市、弘前市、六ケ所村となりました。八戸市、弘前市は青森県内での都市規模から上位に食い込むことは予想できましたが、六ケ所村が上位に食い込めた理由は原子力産業が背景にあ…

北海道・東北地方の企業分析:日本原燃

初めに 本記事は投資や就職斡旋などを目的としたものではありません。 個人の興味の範囲でまとめたものなので、あらかじめご了承ください。 また原子力産業についても賛成も反対もしない、中立の立場です。 予めご了承ください。 今回紹介する企業は資本金規…

【地域未来創生塾】 弘前を学ぶ10回のワークショップ

こんにちは、TAKAです。 最近弘前市で行われている、「地域未来創生塾」の存在を知りました。 塾の目的は「持続的で豊かな地域創造」です。具体的には人口減少に伴う地域課題、地域文化資源の有効活用、地域の防災・減災などがについての対策を模索していく…

【弘前市議会watch】Vol.1 令和元年一般質問を分析

本記事は弘前市議会HPを参考に作成しましたが、個人の範囲で作成したものなので間違い等がある可能性があります。 予めご了承の上お読みください。 こんにちは、TAKAです。 今回は弘前市議会の一般質問についてまとめてみました。 皆さんは自身が住んでいる…

【弘南鉄道 公的資金注入】ゾンビ企業に資金援助は行うべきか?

こんにちはTAKAです。 先日弘南鉄道に対し、青森県信用組合からの融資が決まったとのニュースがありました。 結論を述べると私は資金援助には反対です。 弘南鉄道は2019年度と2020年度で5920万円の赤字を計上する見通しです。 私は資金援助自体…

【読書感想・レビュー】核燃マネー 青森からの報告

こんにちは、TAKAです。 前回ご紹介した「これならわかる東北の歴史Q&A」の参考文献の一つが今回紹介する、 「核燃マネー 青森県からの報告」です。 写真や具体的な数字を交えて具体的に説明されている書籍です。 故に難しい感じがあるので、今回は私が読ん…

【読書感想・レビュー】これならわかる東北の歴史Q&A 16~20章

こんにちは、TAKAです。 前回に引き続き、一戸富士雄、榎森進著「これならわかる東北の歴史Q&A」の感想を書いていきたいと思います。 書籍情報 構成 16、戦時体制下の農民兵と民衆 17、アジア・太平洋戦争 18、敗戦、そして戦後改革 19、高度経済成長とその…

【読書感想・レビュー】これならわかる東北の歴史Q&A 11~15章

こんにちは、TAKAです。 前回に引き続き、一戸富士雄、榎森進著「これならわかる東北の歴史Q&A」の感想を書いていきたいと思います。 書籍情報 これならわかる東北の歴史Q&A posted with ヨメレバ 一戸富士雄/榎森進 大月書店 2008年06月 楽天ブックス Amaz…

IR議員汚職と国民の無関心の相関

初めに IR関連について私は以前以下の様な記事を書きました。 www.realisticregionandlife.work あの後個人的にIRに関する報道や個人の方達が挙げている情報に触れて、個人的に思ったことがあります。それは汚職をしたのは議員でそこをクローズアップするの…

遠いコンパクトシティ 止まらぬ居住地膨張を読んで

初めに 以前に青森市のコンパクトシティ構想が失敗したことについて、書いた記事がありました。このコンパクトシティ政策とそれに反する居住地膨張が全国的な問題になっていることを知り、興味を持ちました。 初めに 居住地が拡大することの問題 日本人の新…

地方にIR事業は必要か否か

初めに 秋元元衆議院議員の逮捕でIRについて話題が集まっています。IRは観光立国を目指すという政府の方針のもと成長戦略として位置づけられています。 IRの候補地としては大阪、神奈川、千葉、愛知、東京といった三大都市圏に加え福岡、長崎、北海道といっ…

青森県の政治家 分析編

・初めに これまで5人の青森県の政治家をまとめてきました。 そこで今回は選挙区そのものの歴史や、各議員主張や経歴をまとめてみることで全体的にどのような傾向があるのか分析してみました。 ・初めに ・選挙区の歴史 ・経歴比較と人物相関図 ・議員の評価…