青森県活性化ブログ

青森活性化ブログ

青森県活性化に貢献する内容を提供し、また皆様に学ばせてもらうブログを目指しています!

【魁!!男塾】暴力・権力・財力 3つの力は階層構造? 藤堂兵衛のセリフを考察

「この世には3つの力がある、権力、財力、そして暴力」

 

このセリフは宮下あきら氏による漫画「魁!!男塾」に登場する藤堂兵衛というキャラクターのセリフです。この3つの力の関係性・意味合いがどのようになっているのか個人的に考察し、「階層構造であるということ」、「安心を得るための手段」という2つの結論を導きましたので解説していきます。

 

 

 

力の階層構造

権力を維持するには暴力が必要です。何故ならば権力に従わない勢力が暴力を用いてきた場合、同じく暴力で対抗する必要があるからです。

社会学者のマックス・ウェーバーは「国家の成立にあたっては軍隊、警察といった暴力を行使できる組織を正統的に独占することが必須である」とする「暴力の独占 」を自書「職業としての政治」で述べています。

 

財力は時に権力に対して脆弱です。鎌倉時代の徳政令から第二次世界大戦後日本で施行された資産税など権力により財力が剥奪されることは珍しくありません。

故に財力を維持するには権力が、権力を維持するためには暴力が必要になると考えることができます。

 

f:id:virtue000000:20210227081310p:plain

図1、力の効力範囲

一方で権力、財力が発展してきた背景を考察しました。

これは力の適用範囲にあると思います(図1)。

個人が持つ暴力は物理的に手が付く範囲にのみに適用されます。またいくら世界で一番強い格闘能力があっても、圧倒的多数の前では負ける可能性が高いです。

 

権力はこの暴力に比べ宗教、国家等という価値観を同じくする範囲において、権威・法というルールを施行し、相手に影響力を行使できます。しかし、価値観を同じくしない相手に対し権威は適用できません。

 

財力は相手の価値観が異なる場合においても、相手に取って利得があるならば影響力を行使できます。

 

暴力・権力・財力は手段

暴力を制するために身体を鍛え、格闘技術を学ぶことはどうでしょうか。

権力を制するため世界で最も大きな国の首相・大統領になるのはどうでしょうか。

財力を制するため世界で一番の富豪を目指すのはどうでしょうか。

 

いずれの方法でも究極的には条件を満たすことのできる人間は一人になります。

上記の例えは多くの人に実現可能な事だとは思いません。

 

そもそもどうして暴力・権力・財力を求めるのでしょうか。

私はジョジョの奇妙な冒険のディオのセリフがぴったりなのではないかと思っています。

 

人間は誰でも不安や恐怖を克服して安心を得るために生きる。

名声を手に入れたり、人を支配したり、金もうけをするのも安心するためだ。

結婚したり、友人をつくったりするのも安心するためだ。

人のために役立つだとか、愛とか平和のためだとか、すべて自分を安心させるためだ。

安心を求める事こそ人間の目的だ。

引用終わり ジョジョの奇妙な冒険27巻

 

「安心」というキーワードが出てきました。

「安心」したいという欲求の背後には抱える不安や恐怖があると思います。

そして不安や恐怖を除くために 手段としての暴力・権力・財力を求めるのでは無いかと思います。

 

まとめ

暴力・権力・財力について以下の2点を考察しました。

 

①暴力・権力・財力の三つの力は階層構造がある。

・権力を維持するには暴力が必要で、財力を維持するには権力が必要という階層構造。

・力の適用範囲としての階層構造 暴力<権力<財力

 

②暴力・権力・財力は安心を求めるための手段であるということ。

 

本記事の目的は暴力・権力・財力について特定の方向への動機づけを意図したものではありません。

誰にも依存せず、本記事の内容も疑い、他の情報も疑い、幅広く情報を集めて下さい。

この過程を経た後にあなたが思うあなたなりの考えを持ってください。

本記事があなたの考える助けやきっかけになれば幸いです。

 

本記事の内容を気に入って頂ければブックマークボタンを押して応援よろしくお願いします。

 

引用書籍

藤堂兵衛「この世には3つの力がある、権力、財力、そして暴力」

引用元:魁!!男塾14巻

 

 

 

参照サイト

安心 - Wikipedia

 

関連記事

www.learningaomori.com